今日の船いじり

セーリング前、セーリング中、セーリング後に船いじり

 

1.台風の後とかにエンジンのキーシリンダーが接触不良になることがあったので防水キャップを貼り付け。

 

 

 

2.ロッドホルダー付けてボートフック置き場

 

 

3.メインセールを下ろすのにハリヤードを緩めても途中までしか下りてこないので、一番の上のスライダーに

ロープ付けてコックピットまでリード。

 セールを下ろすときにマストの下まで移動して手繰らなくて良くなったので安全。

 今までコックピットにリードしていたブームのトッピングリフトは、ほとんどいじらないのでマスト側で

クリートに変更。

 

 

4.ギャレーの鍋置きの中に置いてあった消化器を、取り出しやすいようにチャートテーブルの座席脇に移動。

 

 

5.後ろにロッドホルダーつけて、ボートフックで日除けの延長の具合を確認。

 今まではすだれのように垂らして透かして見てたので、後方視界のより確保を検討。

 さてどうするか。

 将来的にはバックステーの後ろのスペースは後ろからの乗り降りにも邪魔にならない高さでソーラーパネル

増設用のアーチの設置を検討してたけど保留中。

 

 

6.コックピットの座席部分に木部保護剤を塗布。

 床と一緒にやると足の踏み場がなくなるので床はまた今度。

 

 

7.ヤフオクで買った手動クランキングハンドルは、2GM用ってことだったけど、どうにも合わないので廃棄予定。

 

 

 


台風ほぼ通過

9月1日 10:00現在 暴風域がほぼ通過。

 

 

車の中から見える範囲では、NereidもSTARSも問題なさそう。

 

 

 


台風対策

台風第9号が接近中なので台風対策。

 

それてほしいな。

 


冷却水トラブル

良い感じの風だったので、今日も一人でセーリングしながらランチをしようと出港。

 

港をでて広いところで一旦船を止めて漂いながらフェンダーを上げたりセールアップの準備をしていると、排気音がなんか変。

普段は、ゲボッ、ゲボッって湿った音なのに、コホッ、コホッって乾いた音がする。

排気管を覗き込むとやはり冷却水が出ていない。

 

原因が判らないし、まだ港の近くなので帰港することにして、エンジンアイドリング状態で上げたばかりのフェンダーを下ろしたり、着岸用のもやいロープを準備していると水温上昇の警報ブザー。

 

オーバーヒートするとエンジンがダメになるので、手洗いの蛇口から清水タンクの水をエンジンに供給。

水温警報ブザーも止んでくれた。

 

自バースに到着し、とりあえずバケツの水を吸わせながらエンジンをかけると水は回るのでインペラーは問題なさそう。

 

海水漉し器もあからさまな問題はなさそう。

 

海水取り入れ口にゴミ貼り付いてるか、取り入れ口から海水漉し器までの配管で詰まってるかなので、

清水ポンプを使って配管の逆洗。

これでダメなら直接水道の水圧かけるか、潜って確認するか。

しばらく逆洗した後、普通に海水でエンジンをかけると無事海水を吸い上げてくれて冷却水トラブル解決。

 

こんなこともあろうかと清水をエンジンに入れたり、逆洗できる配管にしておいて良かった。

 

桟橋に繋いだ状態で念の為アイドリングで冷却水確認しながら、フネの上でランチしたりキャビンに風通したりした後、ちょっと他の用事もあったので早めに撤収。

 

 


船底掃除とセイルドライブのジンク交換

前回の船底掃除は2019年10月だったので、9ヶ月ぶりに船底掃除。

 

掃除前はこんな感じ

 

掃除の前にセイルドライブのジンク交換。これは2019年3月の上架修理の時以来の1年4ヶ月ぶり。

 

 

船底は、貝はついてないけど、謎の生物(棲管?)に一面覆われていた。

スクレーパーでこすると力入れなくてもジョリジョリ取れる。

 

半分終わったところ。

 

後は、写真も取らずに全面削り落とした後、ブラシで擦って終了。

休憩しながら1日仕事。

 

 

 

 

 


燃料漏れ?

Nereidのキャビン内がちょっと軽油臭い。

コックピットロッカー内の燃料タンクから、配管たどってアフトキャビンの床下、エンジン周りチェックしてもあからさまに燃料が漏れているところは見当たらない。

 

エンジンをかけて見ると、燃料ポンプの出口側の配管継手が怪しそうなので、一旦緩めてから締め直してみた。

これで治まれば良いけど、すぐには分からなそう。

 

1ヶ月位前に配管の奥のジンクアノードを外しているのでその時に立て付けがちょっとおかしくなったのかな。

 

 

その後出港。

オートパイロットST2000+に直射日光が当たるとやたら熱くなるので遮光・断熱カバーを作成。

ワイヤレスリモコンがあるので本体ボタンも隠せるように細工。

 

 

カツオが飛び跳ねるのを横目に機帆走で3〜4時間。

エンジン回転数をいつもより高めにして走ってたけど、締め直した配管からの燃料漏れはなさそう。

軽油の臭い(残り香?)はあるのでしばらく様子見。

 

 


ジンク点検、エンジンオイル交換 他

土曜日にNereidのエンジン ヤンマー2GMのジンク(防食亜鉛)の点検、エンジンオイルの交換

 

ジンクは全然減ってなかったので掃除だけして再取り付け。エンジン使用後は毎回真水でエンジン内を洗浄してるおかげか。

 

エンジンオイルはオイルのみ交換なので次回はオイルフィルターも交換予定。

 

その後は、コアジサシの採餌を眺めながら、ゆっくり夕飯作り。1時間以上遠火でチキンと野菜をロースト。

 

 

日曜日は南部で鳥見。

 

 


奥武島

STARSで奥武島あたりまでクルージング。

波が高いので早々にフィッシャリーナに戻って揺れない桟橋でお昼ごはん。

 

夕方、車で奥武島行って天ぷら食べて、カフェでアイス食べて。


STARSでクジラ

今日はSTARSで前島の手前辺りまでクルージング。

途中クジラが沢山いたけど、カメラを持ち込んでいないのでスマホで撮影。

 

 

フィッシャリーナに戻って、STARSも浮桟橋工事のために仮バースに移動。


フネいじり

今日は、ちょっとフネいじった後、ちょろっとセイリングするつもりだったけど、フネいじりに思いのほか時間がかかったのでフネいじりだけ。

 

那覇マラソンで交通規制の道路を通って糸満までバイクで移動。

 

まずは、オートパイロットST2000+用のワイヤレスリモコン。

ゆうこうマリンで買った、Madman MarineのAP-WRC3IFが届いたので取り付け。

ゆうこうマリンはずっと欠品してるし、メーカーの直販サイトは日本に配送出来ないしで入手に時間がかかりました。

 

元々Raymarine純正リモコンS100用に配電盤のところまでSEATALKの黄色い電線引っぱっていたので、配線はすぐ完了。

2台持ってるスマホのうち、Aquosでは問題なく繋がるけど、XPERIAでは繋がらない。

いろいろ試すのに時間を浪費したけど結局駄目。

まぁ付属の4ボタンリモンコンでは使えるのでとりあえず良いかな。

 

ちょっと前にGPS魚探からNMEAでトラックデータをオートパイロットに送れる配線もしたのでトラックモードでのオートパイロットも使用可能に。

 

後は片手間にドリンクボトルホルダーつけたり、清水でエンジンかけたり、船内整理。

 

これは、半月ほど前に福ちゃんに手伝ってもらって付けた左舷側ミジップクリート。

浮桟橋側の右舷はだいぶ前に付けたけど、普段使わない左舷側は後回しになってました。

内装の処理に悩んでたけど、ギャレーの戸棚内にネジが出るので戸棚内の内装の板をカットしてFRPむき出しのまま袋ナットつけておしまい。


| 1/9PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

links

Tide

wave

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM