冷却水トラブル

良い感じの風だったので、今日も一人でセーリングしながらランチをしようと出港。

 

港をでて広いところで一旦船を止めて漂いながらフェンダーを上げたりセールアップの準備をしていると、排気音がなんか変。

普段は、ゲボッ、ゲボッって湿った音なのに、コホッ、コホッって乾いた音がする。

排気管を覗き込むとやはり冷却水が出ていない。

 

原因が判らないし、まだ港の近くなので帰港することにして、エンジンアイドリング状態で上げたばかりのフェンダーを下ろしたり、着岸用のもやいロープを準備していると水温上昇の警報ブザー。

 

オーバーヒートするとエンジンがダメになるので、手洗いの蛇口から清水タンクの水をエンジンに供給。

水温警報ブザーも止んでくれた。

 

自バースに到着し、とりあえずバケツの水を吸わせながらエンジンをかけると水は回るのでインペラーは問題なさそう。

 

海水漉し器もあからさまな問題はなさそう。

 

海水取り入れ口にゴミ貼り付いてるか、取り入れ口から海水漉し器までの配管で詰まってるかなので、

清水ポンプを使って配管の逆洗。

これでダメなら直接水道の水圧かけるか、潜って確認するか。

しばらく逆洗した後、普通に海水でエンジンをかけると無事海水を吸い上げてくれて冷却水トラブル解決。

 

こんなこともあろうかと清水をエンジンに入れたり、逆洗できる配管にしておいて良かった。

 

桟橋に繋いだ状態で念の為アイドリングで冷却水確認しながら、フネの上でランチしたりキャビンに風通したりした後、ちょっと他の用事もあったので早めに撤収。

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

links

Tide

wave

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM